teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


GAJYOEN (H.K.) Co., Limited

 投稿者:山内  投稿日:2018年 7月22日(日)13時01分10秒
  そうです。
GAJYOEN (H.K.) Co., Limited=香港雅叙園有限公司 です。

董事は、観光の現社長と女性の会社秘書役(董事兼務)の2名です。
平成27年6月11の年次報告書より。

この会社が子会社か連結決算親会社かにより会社復活ストーリーが違ってきます。
さてどちらなのだろうか?
 
 

無題

 投稿者:山内  投稿日:2018年 7月14日(土)11時32分39秒
  【香港の会社の検索について】
観光の株券や有価証券報告書にはGAJOENと掲載されております。
当初上記で検索しており相当の日数経過後、Yが必要だったと判明しました。
そうです。GAJYOENと検索しなければヒットしません。
香港は繁体字ですが、繁体字では検索できませんので、英文入力で行います。
Yを入れる事により、目くらましをしたのでしょう。
流石、観光役員です。
 

無題

 投稿者:山内  投稿日:2018年 7月13日(金)19時01分35秒
  ご連絡ありがとうございます。
こちらから検索出来ます。

https://www.mobile-cr.gov.hk/mob/index.jsp

 

無題

 投稿者:山内  投稿日:2018年 7月12日(木)18時24分37秒
  下記のような準備と思える行動を、平成25年の商事への突然の社名変更前後から行ってきたように思えるが、なぜ動かないのか・・・。
今年の6月末までは、経済環境(株価・為替)の関係かと思っておりました。
現在の環境で行動しないのですから、間違った考えだったようです。
そうすると、やはり会社の信用問題なのかもしれません。
年次報告書の未登記が影響しているのかな!
お金を出資する方は当然確認しますよね!

その他、考えられるのは、株券の未処理(株主の確定作業)が考えられます。
上記平成25年から登記簿等様々な動きがありました。
しかし、株券だけは全く無風状態で、総会さえ開催しませんでした。
株券に何か問題が存在しているのかもね!
 

無題

 投稿者:山内  投稿日:2018年 7月12日(木)07時49分47秒
  年次報告書の基本内容は、下記の通り、日本の法人登記簿とほぼ同じです。
この掲載内容で3期分も登記しないのですから、余程、今は見せたくない内容なのでしょう。
赤字のところが注目している項目です。

1「資本金及び株数
資本金額の増加はないと考えます。事業会社の場合増加して当たり前なのですから隠す理由はありません。
株数増加の可能性は大いにあると推測します。
若しかしたら、億単位に株式分割してあるかも知れません。
これなら見せたくありませんよね!

2「株主
子会社設立なら株主は観光です。
法人(観光)ではなく100%個人株主になっておりますので、子会社設立ではなかったと思います。

株主の異動はないと思いますが、あったにしても観光以外のグループ会社(たとえば商事とか)でしょう。
これも隠す理由にはならないですね!

3「役員
設立当初、観光の社長が董事、もう1名は会社秘書役が董事で2名の董事体制でした。

平成26年10月に退任・辞任登記した8名の観光取締役(5名は平成25年6月17日付け退任、3名は辞任)の内7名の取締役が、董事として就任しているのかも知れません。
8名の内1名は、観光の監査役に就任しています。
かてて加えて、過去2名の会計監査人が退任・辞任しておりますが、こちらも董事に就任している可能性も0ではありません。
たとえ、このような増員体制になったとしても隠す理由はないと思いますが?

上記3点は、私の個人的な考えで、過去の登記・ネット情報等からの判断です。
上記のように考えると、不可解な登記等がスッキリするのです。
そうです。この香港の会社は、連結決算親会社にするための会社であり、子会社ではないと確信しております。

ですから、最後に残った役員さんの仕事は、観光株券の処理(紙にすると言う事ではなく)並びに資金調達となるのです。
観光株券の処理と資金調達は連動していると考えております。
 

無題

 投稿者:山内  投稿日:2018年 7月10日(火)20時21分35秒
  香港の年次報告書の登記について
年次報告書(Annual Return)とは、株主、役員、資本金など会社の基本情報が掲載されている書類です。会社設立の翌年より毎年1度(会社設立記念日より42日以内)、年次報告書を登記する必要があります。
年次報告書の提出が遅れたり未提出の場合は、罰金となるため注意が必要。
罰金通知を更に放置すると、裁判所出頭命令(法人・董事・会社秘書役等別個に呼び出し)となり事態が悪化する。

年次報告書(Annual Return)の基本内容
・会社名称
・年次報告書の更新年月日
・会社所在地
・E-mailアドレス
・会社秘書役の情報(社名・住所・電話・FAX・E-mail)
・資本金及び株数
株主
役員(名前・住所・ID番号)
・秘書役等
 

無題

 投稿者:山内  投稿日:2018年 7月 8日(日)13時39分17秒
  平成25年8月9日(金) 東北から商事に突然の社名変更登記(8月8日付け)
 
その後全く動き無し
 
平成26年3月28日(金) 登記申請:香港支店設置(3月25日(火)付け)
平成26年3月29日(土) HPの社名変更(東北から商事に)
日本の登記は完了したのだが、香港の登記確認出来ず。
結局、邪魔が入り香港での支店登記は出来なかったと推測。
仕方がないので、
平成26年5月19日(月) 香港登記局にて子会社と思われる?会社を設立した。
と言う流れなのでしょう。
例の年次報告書は、この会社の登記すべき年次報告書の事です。
 

無題

 投稿者:山内  投稿日:2018年 7月 5日(木)07時27分49秒
  HPについて追加
決算期の3/7にマイニングのHPが「エラーが発生しました」となり表示できなくなりました。
H26.6.20に休眠宣言して以来の動きが「エラーが発生しました」だったのです。
後日判明したのは、このエラーは403のアクセス禁止でした。
つまり一般の下々の者には見せません。お友達だけです。と言う事なのでしょうか?

このマイニングHP403アクセス禁止は、報告書等に通底している気がするのですが!
 

無題

 投稿者:山内  投稿日:2018年 7月 4日(水)16時56分21秒
  7/1(日)に商事HPが「このページを表示できません」となりました。
ファイルを削除(404)したのでしょう。
一般的には倒産と考えられますが、違いますね!
そもそもこの商事のHPはありませんでした、観光の社名変更後、入り込んだと言う経緯があり、ネット検索でこの商事が観光であると見せかけるように情報発信しておりました。
例えば、「商事株式会社 TOPページ」等々。
しかし、ここに来て今度は一変、トウチカに隠れたのです。
何かを実行するために隠れたのでしょう。
さて、何かな!
 

無題

 投稿者:山内  投稿日:2018年 6月30日(土)07時15分55秒
  この報告書は、正式には「年次報告書」です。
年一回、登記されるべき書類です。

日本での登記ではなく、香港登記局に登記する法人登記簿と言うところでしょうか

以前書いた観光の香港支店の頃に、一旦、話は戻ります・・・・
 

無題

 投稿者:山内  投稿日:2018年 6月29日(金)18時58分45秒
  報告書、やはり提出しなかったのですね!
この報告書について書いていきます。

観光の新たなスタートになります。
 

無題

 投稿者:山内  投稿日:2018年 6月21日(木)20時24分44秒
  1.「丁目」の設定のない単独町名なのだが、なぜ「丁目」の設定をしたのかな?
2.今まで匍匐前進経営していたのに、なぜ「号」の設定をしたのかな?
3.あの会社とあの場所でランデブーとは、なぜなのだろうか?

上記3項目は、何かをやろうとする前触れですよね!
何をやるのだろうか・・・観光株券に関係あるのでしょう。・・・と慮ります。

報告書、まだ未提出ですね!
 

無題

 投稿者:山内  投稿日:2018年 6月20日(水)07時00分45秒
  また伏兵が6月にやって来た。
米中貿易戦争による株安円高だぁ~
今回は、株価が問題だぞ(平成27年の再来か?)

特に今回だけは、「ご破算で願いましてーは」にならなければ良いのだが?

何のための「号」なのだろう?
株券に関係あるのだろうか?
 

無題

 投稿者:山内  投稿日:2018年 6月15日(金)20時17分40秒
  今月動きありますか?
目的の追加かな!
支所設置かな!

なんでも良いから、早く報告書の提出を・・・・。
 

無題

 投稿者:山内  投稿日:2018年 6月13日(水)15時45分1秒
  会談終了、円安ですね!
一旦115目指すよ!

ビックチャンス到来です。
 

報告書

 投稿者:山内  投稿日:2018年 6月 5日(火)07時15分8秒
  報告書の提出経過
平成27年6月11日(木)
平成28年6月末 未提出
平成29年6月末 未提出
平成30年6月末 提出するのでしょうか?

平成28年分が今月末で2年になりますので、「お尻ペンペン」みたいです。
この「お尻ペンペン」になると、調達も断念(ペンペンは個人(役員等)だけでなく法人格にも及ぶ為)せざるを得ないかもしれません。

さて、如何する!

1.内容を訂正して提出したら(ある整合性がなくなり)調達アウトですと思います。
2.正式な内容なら、今やろうとしている事が判明しますね!

内容が判明したら、直ぐに掲示板等で拡散するか、忖度するかは内容次第です。
【株主平等の原則】がありますよ!

と、夢を見ました。
 

HP

 投稿者:山内  投稿日:2018年 1月12日(金)17時08分12秒
  観光と商事のホームページ、今年、消えるかも知れません!
と思います。
 

レンタル掲示板
/1